2008-11-21

15.夫婦間の契約を公正証書に

夫婦間の契約を公正証書にすることも可能です。

公正証書は公文書であり、偽造・変造など疑われないという証拠としての価値が大変高いものです。

不貞行為の後に、不貞行為をしない約束と同時に離婚になった場合の条件なども取り決めしておけば、離婚時にかなり有利になります。

この内容の公正証書を作ってくれる公証役場はあまりありません。
当事務所では多数の作成実績があります。内容のアドバイスも致します。



ご本人が公証人役場に行かない場合の作成料金は76,650円です。

原案作成・公証人役場とのやり取りをこちらで行い、ご本人は締結日に行くだけ(55,650円)というのも可能です。

*いずれも公証人手数料(概ね1-2万円程度)は別です。

全国対応致します。

お問い合わせはこちらから。

武石文子総合事務所女性行政書士武石文子の日々雑感もご覧下さい。

2008-11-18

14.夫婦間の契約書

夫婦間でも契約書を作ることは可能です。

特に不倫(浮気)後に、もう不倫をしない約束や、離婚の条件などあらかじめ決めておくと、絶対確実にその契約通りという保証はありませんが、離婚時にかなり有利になり得ます。

誓約書を書かせるより、はるかに良いと言えるでしょう。

確実な契約書の作成は、豊富な事例を扱っている当事務所にお任せ下さい。

契約書の作成料金は29,400円です。

全国対応致します。

お問い合わせはこちらから。

武石文子総合事務所もご覧下さい。

2008-11-12

13.不倫の慰謝料を請求された時

不倫相手の妻や夫から慰謝料を請求された場合、内容を一緒に検討し、回答書の作成をしたり、相手が示談書・誓約書などを提示してきたら内容をチェックします。

不利な示談をする必要はありません。
豊富な事例を扱っている当事務所にご相談下さい。一回目のメール相談は無料です。

回答書の作成は18,900円~です。

全国対応致します。

お問い合わせはこちらから。

2008-11-11

12.不倫の示談の公正証書

不倫の慰謝料が分割払いの場合や、支払期限が先の場合、公正証書にしておくと、不払いの場合に給料や財産などの差し押さえ手続にすぐに入れて、安心です。

また、公正証書は原本が公証役場に保管されるため、偽造などの恐れがありません。金銭の支払が無くても、不倫の証拠として公正証書を作成しておくことも価値があります。

当事務所にご依頼いただければ一度も公証人役場に行くことなく、公正証書を作成することができます。また、お気づきになっていない必要事項などアドバイスも致します。

ご本人が公証人役場に行かない場合の作成料金は76,650円です。

原案作成・公証人役場とのやり取りをこちらで行い、ご本人は締結日に行くだけ(55,650円)というのも可能です。

*いずれも公証人手数料(概ね2-5万円程度)は別です。

全国対応致します。

お問い合わせはこちらから。

武石文子総合事務所女性行政書士武石文子の日々雑感もご覧下さい。

2008-11-10

11.不倫の示談書(和解契約書)

配偶者の不倫相手に慰謝料を請求したり、逆に不倫相手の配偶者から慰謝料を請求された時、何らか支払うもしくは慰謝料の支払は無いが、関係を絶つことや、口外しないことなどを約束させ、また違約金について定めた場合など、その約束を書面化することは、大事な証拠になるので必ず必要です。

自分が記載したい内容ばかりでなく、必要な内容もこちらからご提案致します。

確実な示談書(和解契約書)の作成は当事務所にお任せ下さい。

示談書の作成料金は29,400円です。

全国対応致します。

お問い合わせはこちらから。

武石文子総合事務所もご覧下さい。

2008-11-01

10.不倫の誓約書

配偶者の不倫相手に、不倫を認めさせ、配偶者に近づかないという約束をさせるために誓約書にサインをさせることは、一方のみに約束をさせる片務契約書にあたります。

誓約書は全文相手に書かせるより、書面を予め作成して、相手に納得してもらったうえでサインしてもらう方が安全です。

また、誓約書には欠点もあり、誓約書にしない方が良い場合もあります。

確実な誓約書の作成は当事務所にお任せ下さい。

誓約書の作成料金は18,900円です。

全国対応致します。

お問い合わせはこちらから。

女性行政書士武石文子の日々雑感武石文子総合事務所もご覧下さい。