2008-10-29

9.不倫(浮気)の慰謝料請求

夫や妻が不倫(不貞行為・浮気)をした場合、その相手に慰謝料を請求することができます。

しかし、慰謝料の請求には要件があります。配偶者がいることを知っているとか、肉体関係があるとか・・・。

また、請求することと、それを示談にすることは別なものでもあります。

よって、慰謝料を請求したいと思われる方は、多くのそして色々な事例を扱っている当事務所にご相談下さい。

また、慰謝料請求のための内容証明郵便の作成料金は18,900円~です。

全国対応致します。

お問い合わせはこちらから。

女性行政書士武石文子の日々雑感武石文子総合事務所もご覧下さい。

2008-10-27

8.事実婚(内縁関係)解消の協議書

事実婚(内縁関係)も法律婚と同様に、残念ながら離婚(内縁関係解消)になった場合、通常の離婚と同様に協議書を作成することをお勧めします。

お二人で築いた財産がある場合は、その分け方、お子さんがいる場合は養育費や面接について、また慰謝料の支払がある場合はその旨、更に事実婚(内縁関係)の期間に一方に第3号被保険者期間がある場合はその部分の年金分割も可能です。これらの取り決めをし、書面化することが後々、争いや不払いに対する対策となります。

また、養育費や分割での支払がある場合は、更に必ず公正証書を作成なさって下さい。不払いの場合、給料や財産の差し押さえ手続にすぐに入れることができます。

作成料金は29,400円です。書面の点検のみも致します。

また公正証書は、ご本人が公証人役場に行かない場合の作成料金は76,650円です。

原案作成・公証人役場とのやり取りをこちらで行い、ご本人は締結日に行くだけ(55,650円)というのも可能です。

*いずれも公証人手数料(概ね2-5万円程度)は別です。

全国対応致します。

お問い合わせはこちらから。

2008-10-24

7.事実婚の委任契約書

事実婚の場合、配偶者との法律上の関係が明確でないため、大事な時に夫婦として認めてもらえないと困る場面が出てくる可能性があります。

例えば、入院や手術の同意書、はたまた事故や病気で本人の意識が無くなってしまった時の手続き。

こういった場合に備えて、あらかじめ委任契約(代理権の授与)をしておけば、かなりの場合有効かと思います。

私自身も事実婚者であり、委任契約の公正証書を作ってあります。

事実婚の方は、是非、委任契約書(それもできれば公正証書の方が偽造の疑いなど持たれません)。を作成なさってください。

作成料金は29,400円です。書面の点検のみも致します。

また公正証書は、ご本人が公証人役場に行かない場合の作成料金は76,650円です。

原案作成・公証人役場とのやり取りをこちらで行い、ご本人は締結日に行くだけ(55,650円)というのも可能です。

*いずれも公証人手数料(概ね2-5万円程度)は別です。

全国対応致します。

お問い合わせはこちらから。

女性行政書士武石文子の日々雑感もご覧下さい。

2008-10-23

6.事実婚の契約書

事実婚は婚姻届を出していないが、本人達に夫婦としての自覚があり、また周りもそれを知っている状態を指します。法律的には内縁関係ともよばれています。

しかし、婚姻届を出さず、結婚式もしていない場合、更には同居もしていない場合など、どこからが夫婦であるかはわかりにくいことです。また、時には事実婚の夫婦であることの証明を求められることもあります。

そしてまた、結婚以前の二人の財産の扱いや、子どもが生まれてきた場合の姓をどうするか、その他生活上の取り決め(家事分担)、お金の管理、親との関わり方等を取り決めて結婚したことの記載と共に契約書にしておけば、後々の揉め事を減らすこともできます。

私自身が事実婚者であり、事実婚の利点や欠点もよくわかっています。

是非、ご相談いただければと思います。


作成料金は29,400円です。書面の点検のみも致します。

また、公正証書にすることも可能です。

全国・全世界(日本語のみ)対応致します。

お問い合わせはこちらから。

女性行政書士武石文子の日々雑感もご覧下さい。

2008-10-22

5.別居時の婚姻費用分担契約の公正証書

夫婦が別居をすることになった場合、生活費をどう分担するかが問題になります。

夫婦は、相互協力・扶助義務がありますので、別居しても同程度の生活レベルを送れるように、収入を分けなければなりません。その生活費を婚姻費用と言います。

口約束や私文書の契約書だけでは、支払われなくなった場合に差し押さえなどできませんので、公正証書を作る必要があります。公正証書に「強制執行認諾条項」を入れることにより、すぐに給料の差し押さえ等の手続きに入ることができます。また、婚姻費用の場合は先の分まで差し押さえできます。

当事務所にご依頼いただければ一度も公証人役場に行くことなく、公正証書を作成することができます。また、お気づきになっていない必要事項などアドバイスも致します。

ご本人が公証人役場に行かない場合の作成料金は76,650円です。

原案作成・公証人役場とのやり取りをこちらで行い、ご本人は締結日に行くだけ(55,650円)というのも可能です。

*いずれも公証人手数料(概ね2-5万円程度)は別です。

全国対応致します。

お問い合わせはこちらから。

女性行政書士武石文子の日々雑感もご覧下さい。

2008-10-21

4.離婚協議書のサンプル

養育費の支払や、その他長期の分割払いが無ければ、公正証書を作らずに私製の離婚協議書だけでも基本的には大丈夫です。

自分で作って安くあげたい方もいると思いますので、サンプル(Word)の販売もしております。全てメールでお送りします。

1.サンプルのみ。 1,575円。

2.サンプル+簡単な解説書 2,100円。

3.サンプル+簡単な解説書+メール相談1回 5,250円。

4.サンプル+簡単な解説書+メール相談2回 8,400円。

5.サンプル+簡単な解説書+メール相談1ヶ月(回数無制限) 21,000円

6.ご自身が作成したものを点検 15,750円

7.当事務所作成 29,400円

全国・全世界対応致します。

お問い合わせはこちらから。

女性行政書士武石文子の日々雑感もご覧下さい。

2008-10-20

3.年金分割の公正証書

2007年4月から婚姻期間中(内縁関係・事実婚を含む)の夫婦の厚生年金や共済年金を分割できるようになりました。これは何も熟年離婚だけが問題になるのではなく、婚姻期間がたとえ短くても、年金分割請求手続きをすれば、年金受給年齢になった時にその分割が適用されます。

2008年5月1日以降の離婚の場合は、3号被保険者は2008年4月以降の年金につき、2分の1の強制分割が可能です。それ以前の期間の分割や3号でない場合は、合意分割と言って、分割割合を決める必要があります。

合意分割は、離婚後に元夫婦(代理人でも可)が揃って社会保険事務所に手続きに行くか、もしくは分割割合が明記された公正証書または、公証人の認証を受けた私署証書を持ってどちらかが手続きすることになります。

一人でも手続きできるという点で公正証書が一番簡単であると思います。また、公正証書には年金分割以外の合意事項(財産分与・養育費・慰謝料等)も一緒に記載することもできます。年金分割の手続きできる期間は離婚後2年ですので、離婚後に協議して合意分割することも可能です。

当事務所にご依頼いただければ一度も公証人役場に行くことなく、公正証書を作成することができます。内容が年金分割のみで、ご本人が公証人役場に行かない場合の作成料金は42,000円です。

公証人役場とのやり取りをこちらで行い、ご本人お二人(21,000円)もしくはどちらかお一人(31,500円)が締結日に行くだけというのも可能です。

*いずれも公証人手数料(概ね7,000円程度)は別です。


全国対応致します。

お問い合わせはこちらから。

女性行政書士武石文子の日々雑感もご覧下さい。

2008-10-17

2.離婚の公正証書

公正証書というのは、公証人役場の公証人が作成する公文書です。

この公正証書に「強制執行認諾条項」という一文を入れると、それは確定判決や調停調書と同じ効力になり、養育費や慰謝料等の不払いがあった時に、財産や給料などを差し押さえする手続きに入ることができます。

特に養育費の場合は、未払い部分だけではなく、先の分まで差押えられます。

よって、養育費や慰謝料・財産分与など分割払いがある場合は、必ず公正証書を作成なさってください。離婚協議書だけでは差し押さえ手続きに入れません。

当事務所にご依頼いただければ一度も公証人役場に行くことなく、公正証書を作成することができます。また、お気づきになっていない必要事項などアドバイスも致します。公証人はこちらから提示しない内容について言及してくれはしません。豊富な離婚事例を扱っている当事務所にまずはご相談下さい。

ご本人が公証人役場に行かない場合の作成料金は76,650円です。

原案作成・公証人役場とのやり取りをこちらで行い、ご本人は締結日に行くだけ(55,650円)というのも可能です。

*いずれも公証人手数料(概ね2-5万円程度)は別です。

全国対応致します。

お問い合わせはこちらから。

女性行政書士武石文子の日々雑感離婚協議書作成相談室も参考になさってください。

2008-10-16

1.離婚協議書作成

離婚は離婚届を出せば成立します。

でも、財産分与は?慰謝料は?養育費は?

口約束では大変危険です。

また、何も払わずにうまく終わらせたと思っても後から請求されることもあります。

離婚協議書を作ることによって、きちんと約束した証拠を残すことは自分を守るために大切なことです。

離婚協議書は離婚前、離婚後のどちらでも作成できます。

是非、安全確実な離婚協議書を作成しましょう。離婚業務をメインとしているため、多数の事例を知っており、他とは違った質の高い離婚協議書を提供致します。

作成料金は29,400円です。書面の点検のみも致します。

全国・全世界(日本語のみ)対応致します。

お問い合わせはこちらから。

女性行政書士武石文子の日々雑感離婚協議書作成相談室もご覧下さい。