2008-10-23

6.事実婚の契約書

事実婚は婚姻届を出していないが、本人達に夫婦としての自覚があり、また周りもそれを知っている状態を指します。法律的には内縁関係ともよばれています。

しかし、婚姻届を出さず、結婚式もしていない場合、更には同居もしていない場合など、どこからが夫婦であるかはわかりにくいことです。また、時には事実婚の夫婦であることの証明を求められることもあります。

そしてまた、結婚以前の二人の財産の扱いや、子どもが生まれてきた場合の姓をどうするか、その他生活上の取り決め(家事分担)、お金の管理、親との関わり方等を取り決めて結婚したことの記載と共に契約書にしておけば、後々の揉め事を減らすこともできます。

私自身が事実婚者であり、事実婚の利点や欠点もよくわかっています。

是非、ご相談いただければと思います。


作成料金は29,400円です。書面の点検のみも致します。

また、公正証書にすることも可能です。

全国・全世界(日本語のみ)対応致します。

お問い合わせはこちらから。

女性行政書士武石文子の日々雑感もご覧下さい。